機能性素材 エムジーファーマ株式会社

HOME >製品情報TOP > 機能性食品素材TOP

「健康を極める 彩都の地から世界へ Master The Health, From Saito to World

「健康を極める 彩都の地から世界へ Master The Health, From Saito to World

 

グロビンペプチドの概要

1989年、各種食品蛋白質を酵素分解して得た蛋白加水分解物をスクリーニングし、グロビンペプチド(グロビン蛋白分解物、GP)にもっとも強い中性脂肪低下作用のあることを見出し、この活性ペプチドは、バリン-バリン-チロシン-プロリン(VVYP)のテトラペプチドであることが分かりました。

グロビンペプチド 現在もグロビンペプチドの生理活性作用について研究を継続していますが、そのなかでも抗糖尿病効果については作用機序が解明されつつあります。

また高血圧に対する効果も臨床試験やSHR(自然発症高血圧ラット)を用いた実験で確認されました。

既に、食事性肥満における内臓脂肪の蓄積をグロビンペプチドが予防することは報告しております。これらの効果からメタボリックシンドロームの予防・治療に利用できる食品素材とまでになりました。
(各図をクリックすると、拡大図が表示されます。)

 

この研究のきっかけは、「ブタがやせた」ことから始まりました

それはブタが痩せたことから始まった! 飼料添加物として開発中の蛋白加水分解物を摂取させると、ブタはやせてしまいました。

本来の目的からは失敗の実験でしたが、逆転の発想から現在のグロビンペプチドが誕生しました。

このグロビンペプチドを含めた蛋白加水分解物の中性脂肪低下作用については国際特許を取得しており、1998年にはグロビンペプチド(グロビン蛋白分解物)を関与成分とする特定保健用食品「ナップルドリンク」の表示許可を得るまでになりました。

このあたりのいきさつは岩波新書「健康食品ノート」(瀬川至朗著、p.106)に記載されています。

グロビンペプチドの効果
 


機能性食品素材についての詳細

機能性食品素材TOP グロビンペプチドの効果 グロビンペプチドの安全性 グロビンペプチドの成分